2

【画像有】村上氏もテスター 新型 ダイワ 16セルテート CERTATEキタ! ATDオートマチックドラグシステムが凄い



こんにちは吉本新喜劇と サスペンス再放送 をチャンネル変えながら 見ている茶坊主です。 どちらも 微妙です! で!

ダイワさんからセルテートCERTATEの新型がでるみたいですよ!黒ベースにオレンジはかっちょいいです。
2 3

新型セルテート搭載機能
■MAGSEALED搭載
magusirudo
歴代最高の
防水と防塵と
耐久性能を搭載

■エアローター
3
歴代最軽量!搭載

■ATD
4

オートマチックドラグシステム搭載
新発想の攻めの
ドラグテクノロジー

————-
最新のテクノロジーを
全てを注ぎ込んでいると
いわれる
新型セルテート
ローターの軽量化
新しいアイデアから
誕生したバランスの追求
そして
アルミニウム合金の
強靭な剛性をもったボディ

さらには
オートマチックドラグシステム
これが凄い!
以下、
ダイワさんサイトより引用↓

村上晴彦テスターからは、
従来よりドラグ調整が
少なくてすむという
意見が出てきました。
これはどういうことかというと、
ハマで遠投した先で
魚を掛けるには、
フッキングパワーを
考慮すると、
ドラグはきつめにセット
しなければならない、
ただ、
近くまで寄せてきたときに、
魚の急激な突っ込みに
対応するためには
ドラグを緩めなければ
ならなかったそうなのです。
逆に、
近場でのファイトに
対応する為に
ドラグを緩めに設定しておくと
フッキングが甘くなってバレてしまう。
冒頭の茂手木テスターの
話と一緒ですね、
ファイト中に
ドラグを再調整しなければ、
魚を獲ることができない、
ロッド操作しながら、
ドラグノブを締めたり、
緩めたり・・
結構大変な作業なわけです。
それが今回のドラグでは、

従来より若干緩めの設定で
フッキングも決まるし、
ファイト中は
ドラグもスムーズに出ていく
という評価。

読みづらくて申し訳ないのですが、簡単に言うとスピニングリールだと遠くでフッキングするときのためにドラグを強めに絞めていることが多いですよね。魚とのファイトが始まると
大きい魚ほど、手前に近づくにつれて突然強力なパワー
突っ込んだり沖に走ったり、するので、途中でドラグを緩める
事が多いですよね!?私はブラックバスで特に3キロ超えた魚をかけた時は、ドラグ触りまくりでした、焦っていればいるほど
うまく調整できないですよね、それがこのオートマチックドラグシステムでは従来より若干緩めの設定でフッキングも決まるし、
ファイト中はドラグもスムーズに出ていく
そうです。
こ、これは欲しい!

スッペクやら価格帯は
ダイワさんの特設サイトをどうぞ

この
魚たちを釣るときに
ドラグ調整で大変でした、、

過去の冬の釣果です。
暇つぶしにどうぞ☆
2013年12月10日
琵琶湖 冬おかっぱり 冬 57㌢ 45㌢ 45㌢ 35㌢

2014年2月4日 琵琶湖
冬おかっぱり 56㌢3.98kg 爆風の中願いが叶った。

2013年12月16日琵琶湖
おかっぱり 冬ウェーディング 53㌢45㌢

2013年12月30日
琵琶湖冬おかっぱり 40㌢51㌢56㌢ 隣でロクマル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)