040916_44_2

2004年9月小牧春日井野池日進長久手野池おかっぱり44㌢30up!


2004年9月
まとめ記事
40アップ、30アップと
まずまずの釣果

04年09月30日(木曜)
春日井小牧犬山
野池おかっぱり(台風後)
30up 2本

どうしても釣りに行きたくなり、、
春日井小牧野池へ到着。
目をつけていた
護岸&かぶさり
草&ウィードポイントへ
パワーバルキーラトルホッグテキサスを
投入。
電話で数分話している途中に、
コツンコツン、
ぐおら!↓
結構ヒキました。

30後半。

続いて、、
同じポイントへ
同じリグを投入すると。
フォールでコツン! ↓
丸っこい30UP、腹がぱんぱん。
今日はまだまだイケル?っと思い
数時間攻めるも全くノーバイト、、、

やる気のある奴を見つけれてラッキーでした。

使用ロッド:TDバトラー ハリアーH
使用リール:スコーピオンメタニウムMG
使用ライン:マシンガンキャスト16lb
ルアー
バークレイ
パワーホッグ
ラトルホッグ4インチ

04年09月27日(月曜)
22~24:00
名古屋市 香流川(増水)にて
大型ナマズと
大型鯉を泣く泣くゲット!

バスが生息する
熱い河川があると
聞き川へ向かう!
が、、
大雨の影響で増水激濁り。

激しい堰の流れ出しで
渦巻いて
流れが止まっている箇所
発見したので、

バークレイのガルプを
ノーシンカーで投入!

ガツン!は、
激しいアタリだ!
格闘スタートがはじめる!
このヒキはでかい!
40ぐらいのバスか!?
っと思いきや、、、
動きがおかしい、、、
揚がってきたのは、
なんとナマズ、、、
かなりデカイ、、、、。

ナマズを逃がして
続いて2投目

またしても、
速攻ヒット!

ヒキが半端じゃないよー、
ライン8ポンド
ライトロッドのため、
20分ぐらいの格闘して
なんとか
揚がってきたのは
なんと鯉、、、、
まるまるです。
しかもがっつりと
口にヒットされております。

磯タモでランディングしてくれた
ビーカーさんありがとうございます!

今日は和風な日でした(泣)

【川鯉、半端じゃないファイト、目が怖い】

 

04年09月23日(木曜)
15:00~19:00
琵琶湖おかっぱり
ポイント 東岸
彦根新港周辺
30up1本

午後より琵琶湖へ向かう
しかし短時間しか
釣りができないぜ!
琵琶湖南湖方面へ
行こうと思うが
時間が気になり、
大同川周辺で開始し、

テキサス、
クランク、
デスアダなど
おいしそうなポイントへ
次々投入するも不発、、、

半べそで
彦根港おかっぱりポイントへ
移動。
デプス デスアダー6インチ
へネイルシンカーを
ぶち込み攻める!
もギルのバイトすらない、、、

テトラと平行にキャストし
中層スイミングを
かましていると
猛烈なあたり
それはもう
お腹にパンチを食らったような
アタリだ。。

格闘後あがってきた
バスは30up
(テトラのため計測不可、、、)
色がものすごい濃いバスでした。

その後、
長浜のおかっぱりポイント
まで移動して一人で
夜19頃まで粘るも
雷が激しくなってきたため
終了となりました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

 

■2004年09月22日(水曜)
23:00~1:00
春日井小牧犬山野池おかっぱり
38㌢ 1本

明日が
祝日ということで
我慢できず春日井野池へ、

最近はまりの
バークレイガルプで
護岸沿い?
階段沿い?
段になっている
水深50㌢ラインを攻めると
微妙なアタリの後に
ラインが入ってイク
ので
すかさずあわせる!
スピニングタックルなので、
かなり引きが心地よい!
ランディングにてこずっていると
助っ人
ビーカーさんが登場、
キャッチしていただきました、
ありがとうございます!

到着すぐのこの一匹後、
全くのノーバイトで終了しました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

2004年09月21日(日曜)

15:00~18:00  伊自良湖 キツスギ

村田基さんの
ビデオを見て覚醒され、
午後より思いつきで

岐阜県伊自良湖へ
単身リベンジ釣行へ、
午前11時30分ごろに
「2時間ぐらいでいけるてー」
っと走りだすも
到着したのは14時半過ぎ、、、、

インレット・シェード
すべてバスの姿なし、
そこいらじゅう攻めるも
ノーリアクション。
奥奥まで歩き、
階段が水中へ
入っているラインに遠投し、
底をデスアダーでとりながら
一服しながら
「どうせアタリもないだろう、、」
とせめていると、、、
ゴン!!グウーン、
バトラーが速攻入る!!

は、はぅ フッキング!
ぐぐぐぐぐぐううぐg!
なんだこれ!?
すげー重いヒキだ
はんぱじゃないよって
思った瞬間、
ごりごりごりっとなり
なにかに巻かれた模様、、、
な、なんてこったい!!

しかし16ポンドパワーで
強引に引くも動かない、、、
そして放置すると糸がでていく、、、
くそぉ絶対とりたい、
っと5分以上粘るも撃沈。
帰りに犬山の野池で
ギルが釣れたのみです(泣)。

■2004年09月16日(木曜)
23:00~24:00
日進長久手名古屋市野池おかっぱり
44㌢ 1本, 3
0アップ×2本

再び
残業パラダイスがやってくる!
今のうちに
夜釣りをしておかないと!
っという脅迫観念に駆られて、

仕事より23時に帰宅後

一年ぶりぐらいに
スピニングタックルのみで
野池へ乗り込む。
到着すると
先行者が2名!
「ち、畜生 ブツブツ」
っと一投目!

水深計付近、
水深約50㌢ぐらいのところへ、
ガルプを投入すると。

コツコツ、「ち、ギルか」 さらに
コツコツ「あんだよ、釣りあげるぞ
こら!ブツブツ」
っとその瞬間。

キューーーーーン、
は、はぅ
鈍速フッキングinギルが持っていくの?

キリキリキリキキリキリキリキリキリーー
緩めだったドラグが全開
そして戦闘モードへ入るが、
竿がブチ曲がり
ドラグも出ているので
しょうしょうあせる。

いつも14ポンド以上なので、

8ポンドって
どれぐらいイケルのって
状態でバトル。

引き寄せて
離れての繰り返しでやっとのこさゲット。
計測すると44センチ級。
びびっていたので速攻リリース。
そして一人でガッツポージング。
そのご数分後、34・5をゲット。
そしてまたすぐ 同サイズをゲットし。
一時間で撤収。
こんなナイスな日は久々でした。

【こ、これ45㌢に変更してよかですか?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)