kore

2015年8月2日渓流ルアー釣り 郡上漁協管内 長良川本流イワナ アマゴ


長良川マスターこそ吉田ガイドとともに
灼熱の郡上漁業協同組合管内 長良川本流へ行って参りました。
本日は吉田パイセンが開拓してきたエリアへの侵入。

そして本日は遂に念願の
ウェーディングシューズデビュー!
リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ライトウェイトWDシューズ

を購入したりましたよ。
装着感は軽いの一言。
これにネオプレーンソックスを履いて入水すると
かなり快適。
強いて言えばよくわからないところで滑るのが怖い、
他のウェーディングシューズはいかがなものだろうか、、。
で入水。

渇水状態の長良川本流をガンガン上がっていくと
流石、魚影は薄く感じる。
たまにチェイスはあるがすぐに追うのやめてしまうなテンション。
で1時間ほど上がったところの深みの足元回収寸前で
黒い影がスピアヘッド リュウキ50Sを襲う。
久々の20㌢台のイワナだ。2015-08-02 12.03.28

そして久々に鹿らしき骨を発見。
一体何年生きてなぜ死んでしまったんだろうか、
2015-08-02 12.04.01

長良川流域の鹿の生態について考え事をしながら
キャストしていると、
何かがヒット!
なんと久々の小アマゴちゃんでした。
やはり美しいでアマゴ。rs_DSC_0024

rs_DSC_0028

むむ!?
よく見てみると魚体に寄生虫のようなものが、、
まえに釣ったアマゴについていたような、
ヒレ右下の茶色クラゲみたいな生物です、
rs_DSC_0023

調べてみるとこの寄生虫
チョウモドキ(チョウ)って名前、
ヨーロッパあたりから来たらしい寄生虫のようだ、
寄生虫もグローバル化の時代なんすかね。
よく泳ぐことができ魚の身体のどこにでも寄生し
鋭い口器で血液を吸いまくり、
底の石などに卵を産み付け、産卵は夜間に雌が
4日おきに時には10回も産卵し、
1回の産卵数は数十から数百で総計2000を生んだ例もあるらしい。

なんか気分が悪くなってきましたね。
水は沸かして飲みたいっすね。

好みの風景での釣りはたまりません
rs_DSC_0032

でその後は吉田パイセンにも良型イワナ、
アマゴが多数釣れておりました。
時間も夕刻なので脱出することに、、
たぶん40分以上歩いて車まで戻りましたが
ウェーダーだと思うとゾッとするような暑さでしたす。
吉田ガイドありがとうございまんした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)