春の五三川 ジークラック新作ピンディでナイスサイズキャッチ!

コロナの終結が見えないですね、もう1年あっという間に経過してしまいました、、釣りにも制限がでてきておりバサー皆様の心中お察しいたします。。

春の五三川は日替わりでバスのテンションが変わる

そうこの日も前々日に大雨が降っており、他のフィールドだと水位があがりスポーニング(産卵)に向けたブラックバスたちが狂ったように超シャローをうろうろしたりするのですが、五三川は特別な気がします、、なぜかというと人が水門調整をしているので雨が降ろうとだいたい翌日の午前中に誰かが上流、下流の水門を開け(真実はしらんけどたぶんそう)、期待して午後からいくと雨が降ったのに減水しているという光景を見て泣けてきます。

日替わりなコンディションの五三川ブラックバスを釣る方法は?

釣る方法はたぶんですが、ついて現場の水位を見ることかと思います、自分の中で常日頃を水位を覚えておいて、今日は少ない、今日は多い、流れが順流、逆流、ていうのをわかるようにしておけば、狙いどころはおのずとわかってくるはずかと。 護岸にランディング時に手が余裕で届くぐらいの水位のときは間違いなく護岸際、その周辺のストラクチャーにいると思っていいですね、とにかく通いまくって試して試して、釣れるメソッドを見つけたら私に教えてください笑

五三川の激流状態でジークラック ピンディでナイスバスをゲット!

まあ結局のところ釣ってなんぼということで、減水で激流の五三川にて流れがカーブで巻くポイントへジークラック ピンディのオフセットダウンショットを投入するとトン!ってバイトとともにラインが走る!フッキングぬ!ナイスファイトであがってきたのはナイスバス、

ジークラック ピンディ丸呑み!

五三川 夕方釣行にてピンディでヒット!

本日も夕方2時間ほどの五三川釣行でしたが、ピンディのパワーにてナイスバスをキャッチ!ぜひジークラック ピンディ使ってみてください。

ピンディは2.8インチm、3.8インチで高比重のピンテールてきなワームですがジークラック特有のSAFパワーにより高比重でかっとびキャストができます!そしてダウンショットでもきびきび動き、スモラバのトレーラーにした日にはカットびスモラバで活躍します!

ジークラック フリラバで五三川での使い方、実際に釣った動画はこちらなのでぜひご覧頂きツッコミをお待ちしておりますw


ジークラック/GEECRACKカテゴリの最新記事