2009年6月~7月前半の琵琶湖夏バスボート ビッグ単発!

6月下旬琵琶湖 南湖へ、

数釣り期待も、、、雨上がりの爆風とともに、

どんぶらこどんぶらこ、、、

下物の沖へ、どっちかっていうとカネカに近いよー、、

10gテキサス乱射!

渋い!!、放水?

【55㌢】

すこすこねっと

10gテキサスマキマキ乱射!

40後半、うわぁ、、

校門、肛門からなにかが、、ワーム食ってまったんすね、、

取ってあげましたよ!

すこすこねっと

7月2日(木)

朝一番、大津にてペンシルで40upゲットも続かないぜ!

が、ものすごい水柱が、、、 でも乗らず、、、

すこすこねっと

そしてあっという間に午後、、、

あそこへ一発ねらいだてー、

またまた、下物沖 カネカ寄り、ウィード島へのブレイクエッジねらい!

yosinさんがエッジ、ブレイク5m~3mラインへ1オンステキサスぶち込みで

おおおお、おお、 ロクマル行ったか!?

しかし! ファット過ぎる凄すぎる!!

豚ですよ、、、

56.5㌢!
すこすこねっと

ぱんぱんっす!

すこすこねっと

【58センチ】琵琶湖南湖某ポイント春のブリブリバスは58センチ 

3月末に
春は、
琵琶湖南湖の
ポイントへ
行ってきましたよ。

ウェーダーを履いて
早速入水!
まだ少々水は冷たい
先行者は4名ほど
隙間に入らせて
頂いて釣り開始!

ジャッカルのTN70を
あるテクニックで
アクションさせている、
最初のアクションで
ヌン!っとヒット!

これは重いぜ!っと
ちんちょうに
慎重にやりとりすると
なんとも
真っ黒いデカバス!
興奮してランディング、
ロクマルイッタか!
っと思ったが、
2センチ足りませんでした、
58センチですが、
この体格、
この面構え、
異様な目つき、、
この魚を超えるバスを釣りたく、
やはり釣りに行ってしいますね、、。

DSCF0676

sasin57 

しかし
この
琵琶湖南湖の某ポイントも
人から人伝いに
人が増えまくり
また
エリが沖にできたのか
原因が爆発力がなくなってしまいました。

ロッド:バトラーリミテッド ハリアーH
リール:メタニウムMG
ライン:ナイロン14ポンド
ルアー:TN70

愛知県ダム湖フローター&大江川近くヨット池で40up×3本

2009年5月

ここんとこ
坊主記録、、
琵琶湖ですら、
例年のようにシャローに
プリバスが差し込む
エリアにプリが入ってこず、、、、

沖には刺し網&刺し網が、、、
なんとか1匹50UPが釣れたのみ、
その後は渋す、、、。

人も集まるGW、、
琵琶湖へいくのは
多分激コミと判断し
ダム湖へフローターで出陣!
早速
探りまくるもなかなか食わず、、
まだ5月頭のバスはプリ??

記憶をたどり、
減水時にブレイクに
なっていたであろう、
シャローへ
あがるブレイクラインへ、
9gテキサスの
バークレー
バタフライクローをずる引きすると
やっと40アップがヒット!

すこすこねっと

やはりフローターは最高!
ギュンギュンもぐりますわ!

その後、
またまたアタリが
遠のく、、
テキサスのシンカーを
10gにアップし
ヘアリーホッグ4インチ
をぶち込んでいると、、、、

着低後のワンアクションで、
【ゴン!】 キューーンっと入っていく、、

この瞬間がたまりませんね!

すこすこねっと
またまた40ちょい、
ナイスファイトです。

その後は、
バックラッシュ直し中に
気づいたらかかっていたバスを
バラシたりと、
続かず。
で大江川近くの
ヨット池へ移動!
しかし、
すんごいアオコ汚すぎ
この池で大丈夫かな?

っと思いながらも
テキサス
ヘアリーホッグを
カバーや沖の杭近くで
投入&ランガン、

すると、、、
ずる引き中
沈木を竿で感じ、
乗り越えた瞬間!

ごんっ!! キューん、、

っとごっつい
40UPがあがりました、
やっぱい気持ちいいですね!

すこすこねっと

ビーカーさんも
ラバジで40UPをゲット!

帰りに素敵な店員さん?
がいる大江川近くの
中華料理でたらふく食べ、

くたくたになって帰還しました。

2004年07月10日 42センチ!大江川夏おかっぱりでデスアダーで42㌢

04年07月10日(土)
大江川  42

ビーカーさんと大江川へ向かう、

ここのところ
野池から逃亡中です、、、。

大江川へ到着後、
GWに42㌢
ゲットしたポイントへ

いつものデスアダー6インチを投入、

かなり丁寧にさぐっていると

水中ストラクチャーを発見
木が沈んでいるようだ。

探っていると、
コツン!クオラー!
フッキング!

ごきゅーーん、
竿が真下に絞りこまれ

なかなか上がってこない、、

そして水面へ、

「ごご、で、でかい!!、

後はランディングだけだ!
ついに念願のランカーか!?」。

水面で手をのばそうとすると、

全開フッキングでなく、

全開暴れ魚!!と化したバスはこれでもかと

ドボン!ゴボゴボと暴れる、そして、、、、、、、

デスアダーが
目の前へ飛んできました、、

その瞬間
負け犬茶坊主の雄叫びが
大江川を覆う、、

「ウひゃ、は、はぅーーーー!」

その後、場所移動へ
デスで攻めるもノーリアクション、。

帰り際諦めかけたそのとき、

適当に投げた沖で
ミドスト状態のデスに異変が!!

ゴン!クゥーー

鈍速フッキングin
交通事故とは事のことか!?

そして激しいやりとりが、 

目の前までなんとか引き寄せたバスは、

猛反撃 沖へ強引に走りだす、

ドラグを緩めなんとかキャッチング!

42㌢ゲットです。うれすぃー。

琵琶湖バス釣り・野池      いろいろ釣行記録と熱帯魚飼育の自己満足ブログ