タグ別アーカイブ: デスアダー

琵琶湖春おかっぱり 1匹 バス減ったかね。16年4月10日

こんばんは茶坊主です。九州地方の方々ご無事を祈っております、わが親族も熊本にいるのですが激しかったみたいですね。
カシータスMGLもそろそろ発売ですね。

 

春の琵琶湖おかっぱりへ春爆を夢見て行ってきましたよ。

春といえば春爆発、過去の爆発経験を思い出し興奮しながらいつエンジンがかからなくなるか分からない素敵な愛車で琵琶湖へ向かいました。
前回はロクマルモンスモンも捕獲できたので鼻息はますばかり。
【62㌢4.7㌔ ロクマル】琵琶湖春おかっぱり 62㌢,45㌢,41㌢ 2016年3月12日

【64㌢登場!春爆】
琵琶湖 春おかっぱり 54㌢52㌢40up×3隣で64㌢!
2014年4月11日

【55㌢!】
琵琶湖春おかっぱり 55㌢40up6本
[2014年3月21日]

【50up 4本!】
琵琶湖 春 おかっぱり54㌢53㌢50㌢50㌢ 40up×8匹
春爆を味わう 2013年4月10日

【56㌢,50up4本】
琵琶湖 春 おかっぱり56㌢50㌢50㌢50㌢40up×5匹
春爆 最高!
[2013年4月2日]

っとうざいぐらいの過去の釣行記ですいません。
■深夜24時 湖北新規ポイントへ到着
月も出ておらず暗黒卿が近くにいそうなぐらいな暗闇加減の中、無風ベタ凪状態がやる気を消失させるも、一人もくもくと新規調査をして歩き回る、草むらから飛び出てきた猫にチビリそうになりながらも、おいしそうなピンポイントを打ちまくるもまだ早いのか、、ノーバイト!移動!

■深夜3時頃 前回ロクマルが釣れたエリアへ移動
ロクマルが釣れたポイントをドキドキボッキボッキしながら丹念に丹念に探るもまったくもってのノーバイト!違うピンポイントをうろうろ打ちまくるもまったくもってのノーバイト!風が吹いてほしい。

■仮眠!起床5時!
湖北エリアを捨て過去に爆発したことのある南湖へ移動、しかしびっくり仰天!すんげえ人の数、人!人!人!、そそ!っとポイントへ入るも相変わらずの無風ベタナギ、朝まずめが始まりだすも回りは誰も釣れていない!こりゃ完全にポイントを外したなっと思っているとデスアダーにヒット!
30後半でした。
2016-04-10 04.59.58

この魚を気に、結構釣れるかと思いきや、なんとノーバイト!冷たい雨の後だったからなのか、ポイントミスか、琵琶湖おかっぱりは昔に比べて難しくなってきたような気がしますわ。近くに住んでいる人がうらやまんっと思いながら帰宅しました、個人的には今週末の琵琶湖はかなり期待できそうですね。
むー行きたい!
2016-04-10 07.54.41

■タックル
リール:ジリオンリミテッド
ロッド:バトラーリミテッド ブラインダ
ライン:フロロ14

キムケンさん愛用 レボPRM発売開始してます。

 

【62㌢4.7㌔ ロクマル】琵琶湖春おかっぱり 62㌢,45㌢,41㌢ 2016年3月12日

iQOS WHITE 本体キット アイコス ホワイト 新品
価格:16800円(税込、送料別)

こちらもどうぞ☆【まとめ】2016年に発売される各主要メーカーの新ロッドの発売予定日と価格,長さ一覧

釣りに行くときには財布が水に濡れてもいいように、釣り専用財布を持っていくのですがお金を入れるのをすっかり忘れてしまい、まったく気が付かないまま、マクドナルドのドライブスルードヤ顔でメガマフィンを注文し、支払時に無一文に気づき、、商品を受け取れず、、まさに!ドライブスルーをしてきた36歳の茶坊主です。久々にテンパリました。 お姉さんそのスマイルは逆につらいっす!
で!
昨晩から琵琶湖へロンリー釣行に行ってきました。実は三寒四温の寒にあたるので行く気はなかったのですが、来週用事でいけないことに気が付き慌てて出撃してきました。道中は最近はまっているゲームオブスローンズというS○Xと戦争と騎士とドラゴン○のドラマを見ながら
無駄にテンションをあげながら湖北某所到着、
道中気温が-2度やら0度やらだったので、これは厳しいだろうと超ランガンでやる気のある方だけを探す作戦へ。しかし月明かりがないので超怖いっす、
レイプされたりしたらどうしようか、、恐怖と戦いながら目が慣れるまでは我慢でひたすらランガンしていると、 kyonyunyu!とヒット。 デスアダー 45㌢ しゃくれ系でした。 ランガン用なので重量計のアルミやめてメジャーシートを投入しましたがあじけないっすね、 000111 その後、期待するも何もおきないので少々移動しハードボトムエリアを丁寧に探っているとブレイクあたりでめちゃ小さいバイト!は、はぅ!!っと合わせると、久々の重量級!これは50中盤くらいかなっと慎重にやりとりしていたら、水面にでてきて超びっくり!でかいっすマザー!足場が悪いので落ちそうになりながらもキャッチするとブリンブリン。

琵琶湖春おかっぱりでロクマル捕獲

一誠 ピンクロウスティック 62㌢,4.7㌔ 22 2016-03-13 04.01.36 2016-03-13 04.01.47 33333 しつこいぐらい写真アップしてすいません、あまりにも素晴らしい身体と目をしていたのでアルミメジャーで撮影!もうちょっと軽かったらいいのに。
わたくしロクマルは6本目なんですが、やっと初めて10ポンドオーバーを超えることができたのです。
あまりに嬉しくて超暗黒の世界で一人ガッツポーズしました、 これだけ冷えたからかシャローではなく、ちょうどブレイクあたりで喰ってきた感じでした。でその後「こりゃ50up数本追加できるかもしれないぜ!!ひゃっはーーーー!」っとランガンを繰り返すも、なんと朝の8時頃まで4時間程ランガンして、
一本追加してのみでした。とても上の魚を見た後だからかなのか、、、とても貧相に見えてしまいました。ぜ、贅沢! ピンクロウスティック 41㌢ 2016-03-13 04.29.51 ほんとにあの時、あの場所へ寄って、あそこで投げてみようっと思わなければ釣れなかったので、ランガンもなかなか大事だなっと思った釣行でした。それでは皆さん釣りへ行く際は財布の中身を確認してからお出かけください。

当日データ============
2016/3/13(日)曇り/弱風 気温 -1度/中潮 水温 瀬田川 10.4 琵琶湖大橋 9.5 安曇川沖 8.2 5点平均水位 -13cm 放水 20t/s 2016/3/12(土)晴れ/弱風 気温 0度/中潮 水温 瀬田川 10.2 琵琶湖大橋 9.5 安曇川沖 8.2 5点平均水位 -13cm 放水 20t/s

■タックル ロッド:バトラーリミテッド バジャーH
ライン:フロロ14

 

今までの 春の良い思いができた 釣行記です。 気温、水温も記載して ありますので ご参考までにどうぞ。 若い頃なので 文章が恥ずかしいですが、 読み流してください、、。
【64㌢登場!春爆】 琵琶湖 春おかっぱり 54㌢52㌢40up×3隣で64㌢! 2014年4月11日

【55㌢!】 琵琶湖春おかっぱり 55㌢40up6本 [2014年3月21日]

【55㌢】 琵琶湖 春 おかっぱり 55㌢,40up 2013年4月24日

【50up 4本!】 琵琶湖 春 おかっぱり54㌢53㌢50㌢50㌢ 40up×8匹 春爆を味わう 2013年4月10日

【56㌢,50up4本】 琵琶湖 春 おかっぱり56㌢50㌢50㌢50㌢40up×5匹 春爆 最高! [2013年4月2日]

【55㌢,40up×3】 琵琶湖 春 おかっぱり プチ春爆 55㌢×1匹 40up×3匹 30up×3匹 [2013年3月27日] 

【50up】 琵琶湖 春 おかっぱり50up,40up×2匹 [2013年3月8日]

【50up×2匹 春爆!?】 琵琶湖春おかっぱり ウェーディング 50up×2匹, 40up×1匹,30up [2012年4月10日]

2004年07月10日 42センチ!大江川夏おかっぱりでデスアダーで42㌢

04年07月10日(土)
大江川  42

ビーカーさんと大江川へ向かう、

ここのところ
野池から逃亡中です、、、。

大江川へ到着後、
GWに42㌢
ゲットしたポイントへ

いつものデスアダー6インチを投入、

かなり丁寧にさぐっていると

水中ストラクチャーを発見
木が沈んでいるようだ。

探っていると、
コツン!クオラー!
フッキング!

ごきゅーーん、
竿が真下に絞りこまれ

なかなか上がってこない、、

そして水面へ、

「ごご、で、でかい!!、

後はランディングだけだ!
ついに念願のランカーか!?」。

水面で手をのばそうとすると、

全開フッキングでなく、

全開暴れ魚!!と化したバスはこれでもかと

ドボン!ゴボゴボと暴れる、そして、、、、、、、

デスアダーが
目の前へ飛んできました、、

その瞬間
負け犬茶坊主の雄叫びが
大江川を覆う、、

「ウひゃ、は、はぅーーーー!」

その後、場所移動へ
デスで攻めるもノーリアクション、。

帰り際諦めかけたそのとき、

適当に投げた沖で
ミドスト状態のデスに異変が!!

ゴン!クゥーー

鈍速フッキングin
交通事故とは事のことか!?

そして激しいやりとりが、 

目の前までなんとか引き寄せたバスは、

猛反撃 沖へ強引に走りだす、

ドラグを緩めなんとかキャッチング!

42㌢ゲットです。うれすぃー。

2004年9月小牧春日井野池日進長久手野池おかっぱり44㌢30up!

2004年9月
まとめ記事
40アップ、30アップと
まずまずの釣果

04年09月30日(木曜)
春日井小牧犬山
野池おかっぱり(台風後)
30up 2本

どうしても釣りに行きたくなり、、
春日井小牧野池へ到着。
目をつけていた
護岸&かぶさり
草&ウィードポイントへ
パワーバルキーラトルホッグテキサスを
投入。
電話で数分話している途中に、
コツンコツン、
ぐおら!↓
結構ヒキました。

30後半。

続いて、、
同じポイントへ
同じリグを投入すると。
フォールでコツン! ↓
丸っこい30UP、腹がぱんぱん。
今日はまだまだイケル?っと思い
数時間攻めるも全くノーバイト、、、

やる気のある奴を見つけれてラッキーでした。

使用ロッド:TDバトラー ハリアーH
使用リール:スコーピオンメタニウムMG
使用ライン:マシンガンキャスト16lb
ルアー
バークレイ
パワーホッグ
ラトルホッグ4インチ

04年09月27日(月曜)
22~24:00
名古屋市 香流川(増水)にて
大型ナマズと
大型鯉を泣く泣くゲット!

バスが生息する
熱い河川があると
聞き川へ向かう!
が、、
大雨の影響で増水激濁り。

激しい堰の流れ出しで
渦巻いて
流れが止まっている箇所
発見したので、

バークレイのガルプを
ノーシンカーで投入!

ガツン!は、
激しいアタリだ!
格闘スタートがはじめる!
このヒキはでかい!
40ぐらいのバスか!?
っと思いきや、、、
動きがおかしい、、、
揚がってきたのは、
なんとナマズ、、、
かなりデカイ、、、、。

ナマズを逃がして
続いて2投目

またしても、
速攻ヒット!

ヒキが半端じゃないよー、
ライン8ポンド
ライトロッドのため、
20分ぐらいの格闘して
なんとか
揚がってきたのは
なんと鯉、、、、
まるまるです。
しかもがっつりと
口にヒットされております。

磯タモでランディングしてくれた
ビーカーさんありがとうございます!

今日は和風な日でした(泣)

【川鯉、半端じゃないファイト、目が怖い】

 

04年09月23日(木曜)
15:00~19:00
琵琶湖おかっぱり
ポイント 東岸
彦根新港周辺
30up1本

午後より琵琶湖へ向かう
しかし短時間しか
釣りができないぜ!
琵琶湖南湖方面へ
行こうと思うが
時間が気になり、
大同川周辺で開始し、

テキサス、
クランク、
デスアダなど
おいしそうなポイントへ
次々投入するも不発、、、

半べそで
彦根港おかっぱりポイントへ
移動。
デプス デスアダー6インチ
へネイルシンカーを
ぶち込み攻める!
もギルのバイトすらない、、、

テトラと平行にキャストし
中層スイミングを
かましていると
猛烈なあたり
それはもう
お腹にパンチを食らったような
アタリだ。。

格闘後あがってきた
バスは30up
(テトラのため計測不可、、、)
色がものすごい濃いバスでした。

その後、
長浜のおかっぱりポイント
まで移動して一人で
夜19頃まで粘るも
雷が激しくなってきたため
終了となりました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

 

■2004年09月22日(水曜)
23:00~1:00
春日井小牧犬山野池おかっぱり
38㌢ 1本

明日が
祝日ということで
我慢できず春日井野池へ、

最近はまりの
バークレイガルプで
護岸沿い?
階段沿い?
段になっている
水深50㌢ラインを攻めると
微妙なアタリの後に
ラインが入ってイク
ので
すかさずあわせる!
スピニングタックルなので、
かなり引きが心地よい!
ランディングにてこずっていると
助っ人
ビーカーさんが登場、
キャッチしていただきました、
ありがとうございます!

到着すぐのこの一匹後、
全くのノーバイトで終了しました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

2004年09月21日(日曜)

15:00~18:00  伊自良湖 キツスギ

村田基さんの
ビデオを見て覚醒され、
午後より思いつきで

岐阜県伊自良湖へ
単身リベンジ釣行へ、
午前11時30分ごろに
「2時間ぐらいでいけるてー」
っと走りだすも
到着したのは14時半過ぎ、、、、

インレット・シェード
すべてバスの姿なし、
そこいらじゅう攻めるも
ノーリアクション。
奥奥まで歩き、
階段が水中へ
入っているラインに遠投し、
底をデスアダーでとりながら
一服しながら
「どうせアタリもないだろう、、」
とせめていると、、、
ゴン!!グウーン、
バトラーが速攻入る!!

は、はぅ フッキング!
ぐぐぐぐぐぐううぐg!
なんだこれ!?
すげー重いヒキだ
はんぱじゃないよって
思った瞬間、
ごりごりごりっとなり
なにかに巻かれた模様、、、
な、なんてこったい!!

しかし16ポンドパワーで
強引に引くも動かない、、、
そして放置すると糸がでていく、、、
くそぉ絶対とりたい、
っと5分以上粘るも撃沈。
帰りに犬山の野池で
ギルが釣れたのみです(泣)。

■2004年09月16日(木曜)
23:00~24:00
日進長久手名古屋市野池おかっぱり
44㌢ 1本, 3
0アップ×2本

再び
残業パラダイスがやってくる!
今のうちに
夜釣りをしておかないと!
っという脅迫観念に駆られて、

仕事より23時に帰宅後

一年ぶりぐらいに
スピニングタックルのみで
野池へ乗り込む。
到着すると
先行者が2名!
「ち、畜生 ブツブツ」
っと一投目!

水深計付近、
水深約50㌢ぐらいのところへ、
ガルプを投入すると。

コツコツ、「ち、ギルか」 さらに
コツコツ「あんだよ、釣りあげるぞ
こら!ブツブツ」
っとその瞬間。

キューーーーーン、
は、はぅ
鈍速フッキングinギルが持っていくの?

キリキリキリキキリキリキリキリキリーー
緩めだったドラグが全開
そして戦闘モードへ入るが、
竿がブチ曲がり
ドラグも出ているので
しょうしょうあせる。

いつも14ポンド以上なので、

8ポンドって
どれぐらいイケルのって
状態でバトル。

引き寄せて
離れての繰り返しでやっとのこさゲット。
計測すると44センチ級。
びびっていたので速攻リリース。
そして一人でガッツポージング。
そのご数分後、34・5をゲット。
そしてまたすぐ 同サイズをゲットし。
一時間で撤収。
こんなナイスな日は久々でした。

【こ、これ45㌢に変更してよかですか?】