タグ別アーカイブ: 40up

2006年10月10日 フローターで50up!捕獲 愛知県ダムリザーバーで40upも

久々に
友人と愛知県リザーバーへ!
ダムなので
晩秋的な雰囲気。

10mはあるであろう
ディープを
テキサスでひたすら責める!
責める!
コツン、、
っとバイト。
なかなか
素晴らしいファイトで上がって
きたのは50upのナイスバス。
up200610101222000

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして、
流れのある
ディープエリアを
イマカツのフラッピンソニック
メタルバイブで
ひたすらシャクッていると!
ドムンス!っとヒット!
揚がってきたのは40up
up200610101153000

 

 

 

 

 

 

ディープを責める重要性を

痛感した一日でした。

琵琶湖冬彦根ポイントでおかっぱりで爆釣! 三釣行合わせると80匹!は捕獲 2004年12月

琵琶湖冬彦根ポイントで
おかっぱりで爆釣!
三釣行合わせると80匹!

04年12月31日———–
 琵琶湖冬おかっぱり
彦根某所 15~35㌢
30匹ぐらい

年末、、、普通であれば家族、友人、恋人

愛する人々とまったりと凄し、

一年を振り返り、来年もがんばろう!

と気持ちよく新年を迎えるものである、、、

しかし、バサーは違う、

すぐにでも釣りたい!もう一度あの感触を!

とうあの気持ちよさを求めて

年末でも新年で釣りにでかけてしまう、、、

そして今回の企画が発足!

年越しを琵琶湖で、、、。

22時、ビール、

年越しそば持って琵琶湖ヒコネへ到着!

準備万端、

後は、まったり釣りをしながらカウントダウンを待つのみ。

っと12月31日23時30分ごろ、

放置していたA君の元へ戻ると、、

パニック状態、どうもヒットさせて

ウィードと合体しているらしい、、

プリンプリンの38㌢、どうみても40upに見える、

そしてこれはイケル!と思っていると、

猛吹雪と激しい雨の連続攻撃に襲われる、、

ヒィーヒィーして時計に目をやると!

0時30分、いつのまにか年を越していました、、、。

その後、20upを一匹捕獲した時点で全く釣れない、
朝マズメに向けて仮眠とり

朝、インレットへ入ると凄すぎるぐらいのバスの数!

だが、どんなルアーを入れてもスレきっているのか

完全無視。

が、その時!太陽が雲に隠れ雪が降り出した瞬間、
バスにスイッチが入る!

そこらじゅうでベイトを追っている、
そこでなんとなく思いついた

SPミノーの断続トゥイッチングをかますと

入れ食いスタート!が太陽が出ると全く食わない、
曇るとスイッチが入るのくりかえしで

かなりのバスをSPミノーでゲットできました。

風がふいたり、曇ったり、雨がふったり、
雪ふったりでバスにスイッチが入るのを見て

かなり勉強になりました。

使用ライン:マシンガンキャスト12lb

使用ルア-:C.C
プレデター

———————

 

04年12月28日—————–
深夜~早朝
琵琶湖おかっぱり冬 

20~41㌢ 20匹ぐらい

急に28日が休みなったため

一人で琵琶湖へ乗り込む
護岸際を
パワーバルキーラトルホッグ4インチ
テキサスで

攻めていると30後半近いのを

ゴボ!ゴボ!っとバラシしてまう、

それから、
ズーットあたりが無い、、、。

そして
ストラクチャーに際に
落とし込むと、コン クゥーーーー。

ホイサ!っとフッキング、

激しいファイトの据え護岸にぶっこぬく、

41㌢ゲット

あたりが続かないので、

朝マズメまで就寝。

そして全開のシャロクラポイントへ行き、
シャロクラとマイキーで30upを数匹ゲット

そして帰りにいろいろ寄りましたが全く駄目でした。

使用ライン:マシンガンキャスト16lb

使用ルア-:パワーバルキーラトルホッグ,
バジンクランク, マイキー

———————————

04年12月19日(日曜)
2:00~8:00,  14:00~18:00
琵琶湖おかっぱり冬
15~35㌢ 30匹ぐらい

琵琶湖 彦根某ポイントおかっぱり、
冬なのにかなりのバスが
ストック
されているポイントだ、
去年の動きで言うと

バスは11月後半から
ジョジョに溜まりはじめ、
急に冷える
12月前半に
サイズが良いのが入ってくる

感じであった。
が今年は暖冬のせいか、
12月前半になっても

小さいのばかりで
中々30upが上がってきて

いない状況であった。

が時はキタ!19日、
人ごみが嫌いなのを理由に
ビーカーさんと深夜に到着!


速攻、ぽつぽつと釣れだす、
ビーカーさんは隣で

ナイスサイズをばらしてしまっている
無念。

ライトキャロライナリグに
バグアンツ(エコギア)
3インチを装着
ウィード固まりへ
と遠投すると、

キューーーン、
キタキタこれがたまらないない!

横滑りフッキング!!!

気合を入れすぎて

竿を護岸で削ってしまう、
ゴリゴリぃ。

上がってきたのは、

なかなかのサイズの↓
30中盤 良い色してますわ。

その後、
ポツポツ釣れるが
サイズはイマイチ、、、


テキサスでウィードの穴
へ入れると、、、、

ガン!!っと激しいアタリ!
フングラ!
っと思いっきりアワセルと
半端でない引き、、、
こりゃ今年
最後の40UPかな
っと思っていると、
水面に揚がってきたのは、

70センチ近い、
ナマズ、鯰、、、、。
しかも模様が
雷魚カラーの鯰でした、、。

っとその横で、

ちゃくちゃくと
水揚げしまくりのビーカーさん。

半泣きになっていると
ライズが発生しまくり、
これは!?
っとマスクミノーを投げ

アクションを入れていると、ゴン!
20後半をゲットでした

そして
14時まで
しばし睡眠タイム、、

起きてぼつぼつ釣りを
するも、ポツリ
ポツリ
つれるもサイズがイマイチ、、

そして夕マズメ、

あるウィードの溜まりに
大量の波紋を発見。
ベイトか!?

こりゃ水面波動しかないっと、

バジンクランクを投入
すると、

なんと、
着水と同時に捕食!

30up捕獲
しかもナイスファイト!

そして続けて、
ゴボっ!30up捕獲、

そして再び着水で!
ゴボぅ!30up。

こりゃ、
入れ食いか!っとサイド
キャストすると

またまた着水と同時にヒット!
しかも結構なヒキ!

オゴゴゴ、、ぐぅぅぅう 

と水面にでてきたのは、
25近いギル、、、

このギルを最後に
バスのアタリはなくなりました、、、。

そして、撤収へ。

今年の年越しは琵琶湖で年越しが決定!

酒を飲みながら良型バスをゲットしてきます!

使用ライン:マシンガンキャスト14lb

使用ルア-:エコギア
バグアンツ3インチ

04年10月 野池54センチでた!44㌢も!名古屋東郷日進春日井守山野池おかっぱり

2004年10月まとめ
野池自己記録54㌢捕獲!
記事は下の方にあります。

04年10月29日(金曜)
東郷野池→ 守山野池
 44㌢

健痔に迎えにきてもらい、
さらなる減水を期待して
東郷野池へと向かう。

今日はハードで手際よく探ろうと、
ハード系とスイムベイトのみ、、、

東郷野池をせめつづけるも、
全く反応なし、、。

減水してはいるものの、
水質がかなり悪い&水温が低い、、、

ここを諦め
守山野池へ向かう。

守山野池は水温は低いものの、
水質は良い。
しかし10月末だからか
少々寒い気もする。
そんななか、

シャローエリアをウオデス
で攻めていると、
コンコンっとバイト    

横すべりフッキング!!

おお、かなりのヒキ!
ラインが良い音をだしている 

そしてそのまま ぶっこ抜く!

結構ぷりぷりで色が濃かったです!

秋~晩秋はシャローーが熱いっぽいです。

【で、でたー44㌢ 】

使用ロッド:TDバトラー ハリアーH

使用リール:スコーピオンメタニウムMG

使用ライン:マシンガンキャスト16lb

使用ルア-:ウオデス乙型小

04年10月28日(木曜)
琵琶湖おかっぱり
20up一本

歓初の晩秋パターンin南湖、

この日は台風後&急な冷え込み&激ターンオーバ。

沖に出る時点で、凍えそうだったが、

アサヒに感動しやる気をだすも撃沈。

いつもなら、
反応のあるウィード&中層も全く反応なし、

なんとか釣った20後半一匹のみ、、

しかーし、こんなに釣れない琵琶湖を
味わったのはさすがに衝撃でした。

これを経験に来年は 捕りたいです。

04年10月25日(月曜)
22:00~24:00
守山野池おかっぱりで36㌢

ビーカーさん
無糖苦味さん
とで無糖さんホームの
守山野池へ乗り込む。


外灯が全くない
ポイントへやぶこぎ

して進むとのこと、、
ええ?
こんな外灯もなにもない

真っ暗なところを行くの?
って思っていると、、、、

ずんずん
突き進む無糖さん、
す、すげー。

っと
その奥のポイントで、

無糖さんが
ハードでもう一匹追加。

僕には全く反応がない、、、、

りりーぱっどと
シャローのエリアへ、

バークレイ
パワーホッグ4インチテキサスを投入し、

スローに引いてくると
コツンコツン!!

36㌢をゲットです。
そして再び、無糖さんにヒット! 

ハードルアーの強さを学ばせていただきました。

【なんとかゲットした36㌢】

使用ロッド:ダイコーブルーダーM

使用リール:スコーピオン1000

使用ライン:マシンガンキャスト14lb

使用ルーア:テキサスリグ(5g)+パワーホッグ5インチ

 

04年10月23日(土曜)
00:30~2:00
名古屋日進東郷野池で
野池自己記録54㌢捕獲!

歓迎会帰宅後、
深夜ビーカーさんが
日進東郷野池方面へ
おかっぱりへ行っていると
聴き、

日進東郷野池に乗り込む、
深夜0時30半頃
池に到着。

す、凄い風だ、
波立ちまくりだし、、
今日は大丈夫か、、
不安がよぎる。

が、
ビーカーさんが
一匹上げているので士気向上。


風のアタルワンドを狙い
ドシャロー(50㌢ぐらい)ラインを
バークレイラトルホッグの
ライトキャロライナリグで

責めていると、
ツン ツーーーーーーー(ラインが入ってイク)

よし、こりゃ30UPだなっと
思いっきり横にフッキングした瞬間、
ぐーーーん!

っと入ってイク!
こりゃいいサイズ
40UPかと思い
ドシャローなので


そのまま岸に寄せて
ランディングしようと近づくと、

な、なんじゃごりゃ!?
で、でかすぎや、、、、

はじめての
ランカーに気が動転し、
意味不明な奇声をあげまくる、

すると奇声を聞いた
ビーカーさんから、
携帯に着信
「び、ビーカーさんやばいの釣っちゃいました、、」

そして写真撮影していただく、
ありがとうござます!。

この時期は、
単発ででかいのがシャローをうろついているのか

しかし、やっとのこさランカーが取れました、
今年はもう駄目だと、、、
思っていたので

かなりうれしいです、
バス釣り、、、さらにハマリそうです。

【やっとゲットしたランカー54㌢
長かった、、長すぎただけに最高でした。】

【色が白かった、、、】

使用ロッド:ダイコーブルーダーM

使用リール:スコーピオン1000

使用ライン:マシンガンキャスト14lb

使用ルーア:キャロライナリグ(8g)+バルキーホッグ4インチ

 

04年10月21日(木曜)
23:00~1:00
春日井犬山小牧方面野池
おかっぱりで35㌢

激しい台風の後日、
たまらなくなって
春日井小牧犬山方面
に乗り込む、

今日は、
去年結構聞いた、
ふわふわ系の
ルアーをセット。

ライトキャロライナリグで
護岸沿いを責めていると、、

クーンっと入ってイク!
フッキング!かなり手前のため

速攻ランディング、
30中盤のナイスバスでした。

その後も攻めるも全く反応なし
っというか寒すぎ

そのうち放射冷却も始まり
撤収となりました。

【35㌢】

使用ロッド:ダイコーブルーダーML

使用リール:スコーピオン1000

使用ライン:マシンガンキャスト14lb

使用ルーア:キャロライナリグ(8g)+バルキーホッグ4インチ

04年10月06日(水曜)
名古屋市守山野池
春日井小牧野池おかっぱり
30up 2本

先日の味をしめ、
仕事後直行で乗り込む。

今日は久々に
ラバージグをセット
っと護岸&ウィードの
固まりポイント

投入2回目、

コツンコツンとバイト
嘘?っと思いながらもアワセルと

かなり良い引き、
あがってきたのは39㌢?
っと思いたいバス。


そして続けて
同ポイントへ、
ラバージグを投入!
すると
フォールで既にラインが走っている!
ぼっきフッキング!!

かなり良い引き、
さっきっと同サイズか?
っと思っていると30前半。


その後、
さっぱりなので速攻撤収。

【メジャーの配置が怪しい39㌢】

【やるきはあったが、軽かった30前半】

使用ロッド:TDバトラー ハリアH

使用リール:スコーピオンメタニウムMG

使用ライン:マシンガンキャスト16lb

使用ルーア:ラバージグ+バルキーホッグ4インチ

04年10月03日(日曜)
名古屋市守山野池
春日井小牧野池おかっぱり
30up1本

時間がないので
短時間釣行in
春日井小牧野池へ。

さあ釣りをはじめようとすると
いつも決まった時間に
確実に現れる

大声を歌いながら自転車で徘徊している人
にビビル、、

先週と同じ、
護岸&かぶさり草&ウィードポイント

パワーバルキーラトルホッグテキサスを
送り込むと
一投目で
30中盤ゲット、
だがいつもどおり一本目からは
全く続くがつ納竿。

使用ロッド:TDバトラー ハリアーH

使用リール:スコーピオンメタニウムMG

使用ライン:マシンガンキャスト16lb

2004年9月小牧春日井野池日進長久手野池おかっぱり44㌢30up!

2004年9月
まとめ記事
40アップ、30アップと
まずまずの釣果

04年09月30日(木曜)
春日井小牧犬山
野池おかっぱり(台風後)
30up 2本

どうしても釣りに行きたくなり、、
春日井小牧野池へ到着。
目をつけていた
護岸&かぶさり
草&ウィードポイントへ
パワーバルキーラトルホッグテキサスを
投入。
電話で数分話している途中に、
コツンコツン、
ぐおら!↓
結構ヒキました。

30後半。

続いて、、
同じポイントへ
同じリグを投入すると。
フォールでコツン! ↓
丸っこい30UP、腹がぱんぱん。
今日はまだまだイケル?っと思い
数時間攻めるも全くノーバイト、、、

やる気のある奴を見つけれてラッキーでした。

使用ロッド:TDバトラー ハリアーH
使用リール:スコーピオンメタニウムMG
使用ライン:マシンガンキャスト16lb
ルアー
バークレイ
パワーホッグ
ラトルホッグ4インチ

04年09月27日(月曜)
22~24:00
名古屋市 香流川(増水)にて
大型ナマズと
大型鯉を泣く泣くゲット!

バスが生息する
熱い河川があると
聞き川へ向かう!
が、、
大雨の影響で増水激濁り。

激しい堰の流れ出しで
渦巻いて
流れが止まっている箇所
発見したので、

バークレイのガルプを
ノーシンカーで投入!

ガツン!は、
激しいアタリだ!
格闘スタートがはじめる!
このヒキはでかい!
40ぐらいのバスか!?
っと思いきや、、、
動きがおかしい、、、
揚がってきたのは、
なんとナマズ、、、
かなりデカイ、、、、。

ナマズを逃がして
続いて2投目

またしても、
速攻ヒット!

ヒキが半端じゃないよー、
ライン8ポンド
ライトロッドのため、
20分ぐらいの格闘して
なんとか
揚がってきたのは
なんと鯉、、、、
まるまるです。
しかもがっつりと
口にヒットされております。

磯タモでランディングしてくれた
ビーカーさんありがとうございます!

今日は和風な日でした(泣)

【川鯉、半端じゃないファイト、目が怖い】

 

04年09月23日(木曜)
15:00~19:00
琵琶湖おかっぱり
ポイント 東岸
彦根新港周辺
30up1本

午後より琵琶湖へ向かう
しかし短時間しか
釣りができないぜ!
琵琶湖南湖方面へ
行こうと思うが
時間が気になり、
大同川周辺で開始し、

テキサス、
クランク、
デスアダなど
おいしそうなポイントへ
次々投入するも不発、、、

半べそで
彦根港おかっぱりポイントへ
移動。
デプス デスアダー6インチ
へネイルシンカーを
ぶち込み攻める!
もギルのバイトすらない、、、

テトラと平行にキャストし
中層スイミングを
かましていると
猛烈なあたり
それはもう
お腹にパンチを食らったような
アタリだ。。

格闘後あがってきた
バスは30up
(テトラのため計測不可、、、)
色がものすごい濃いバスでした。

その後、
長浜のおかっぱりポイント
まで移動して一人で
夜19頃まで粘るも
雷が激しくなってきたため
終了となりました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

 

■2004年09月22日(水曜)
23:00~1:00
春日井小牧犬山野池おかっぱり
38㌢ 1本

明日が
祝日ということで
我慢できず春日井野池へ、

最近はまりの
バークレイガルプで
護岸沿い?
階段沿い?
段になっている
水深50㌢ラインを攻めると
微妙なアタリの後に
ラインが入ってイク
ので
すかさずあわせる!
スピニングタックルなので、
かなり引きが心地よい!
ランディングにてこずっていると
助っ人
ビーカーさんが登場、
キャッチしていただきました、
ありがとうございます!

到着すぐのこの一匹後、
全くのノーバイトで終了しました。

【ドシャローバス、そして撮影ミス】

2004年09月21日(日曜)

15:00~18:00  伊自良湖 キツスギ

村田基さんの
ビデオを見て覚醒され、
午後より思いつきで

岐阜県伊自良湖へ
単身リベンジ釣行へ、
午前11時30分ごろに
「2時間ぐらいでいけるてー」
っと走りだすも
到着したのは14時半過ぎ、、、、

インレット・シェード
すべてバスの姿なし、
そこいらじゅう攻めるも
ノーリアクション。
奥奥まで歩き、
階段が水中へ
入っているラインに遠投し、
底をデスアダーでとりながら
一服しながら
「どうせアタリもないだろう、、」
とせめていると、、、
ゴン!!グウーン、
バトラーが速攻入る!!

は、はぅ フッキング!
ぐぐぐぐぐぐううぐg!
なんだこれ!?
すげー重いヒキだ
はんぱじゃないよって
思った瞬間、
ごりごりごりっとなり
なにかに巻かれた模様、、、
な、なんてこったい!!

しかし16ポンドパワーで
強引に引くも動かない、、、
そして放置すると糸がでていく、、、
くそぉ絶対とりたい、
っと5分以上粘るも撃沈。
帰りに犬山の野池で
ギルが釣れたのみです(泣)。

■2004年09月16日(木曜)
23:00~24:00
日進長久手名古屋市野池おかっぱり
44㌢ 1本, 3
0アップ×2本

再び
残業パラダイスがやってくる!
今のうちに
夜釣りをしておかないと!
っという脅迫観念に駆られて、

仕事より23時に帰宅後

一年ぶりぐらいに
スピニングタックルのみで
野池へ乗り込む。
到着すると
先行者が2名!
「ち、畜生 ブツブツ」
っと一投目!

水深計付近、
水深約50㌢ぐらいのところへ、
ガルプを投入すると。

コツコツ、「ち、ギルか」 さらに
コツコツ「あんだよ、釣りあげるぞ
こら!ブツブツ」
っとその瞬間。

キューーーーーン、
は、はぅ
鈍速フッキングinギルが持っていくの?

キリキリキリキキリキリキリキリキリーー
緩めだったドラグが全開
そして戦闘モードへ入るが、
竿がブチ曲がり
ドラグも出ているので
しょうしょうあせる。

いつも14ポンド以上なので、

8ポンドって
どれぐらいイケルのって
状態でバトル。

引き寄せて
離れての繰り返しでやっとのこさゲット。
計測すると44センチ級。
びびっていたので速攻リリース。
そして一人でガッツポージング。
そのご数分後、34・5をゲット。
そしてまたすぐ 同サイズをゲットし。
一時間で撤収。
こんなナイスな日は久々でした。

【こ、これ45㌢に変更してよかですか?】